説明

凸+凹(デコとポコ)は、自由に模型・ガレキを作れる模型カフェです!

2013年1月14日月曜日

マイ筆、マイやすり、マイ・・・

細かい部分塗装には
必需品の筆ですが


あくまで
消耗品・・・


高くても
安くても
いつか使えなくなりますよね。

でも、ちゃんと
お手入れしてあげれば
すこしでも長くよいコンディションを
たもつことができます。

僕は最近はイタチの毛の面相筆をメインに
つかっていて、時折ナイロンの細い小さな筆を
使うくらいです。

イタチの筆は、塗料の含みもよくて
先を使えば細く使えますし
便利なんですよね。



つかっていくと
どうしても
癖がついたり
筆の毛先がまとまらなくなって
きます・・・
お客さんにはいつも
いいコンディションでつかって
いただきたいのですが





共用でつかっていただいてるので
消耗も激しいのです。

そこでオススメしたいのは

自分の筆をもつ

ということです。

凸+凹は、¥100から筆を販売させてもらっています。
ナイロン、イタチのものや
平筆、細筆、面相筆など形、穂先の長さも、形も
いろいろありますよ。

消耗品だけど、
自分の道具として
大切に手入れしてあげれば
長く使うことはできます。
穂先があれても
ドライブラシ用にとか
使うこともできますし

無駄なく、大切につかっていきましょう(^^)

筆のお手入れは
まずは、溶剤などで洗ったあと

  
ブラシエイドなどで
洗って
水で洗って
穂先をまとめるようにして
フキフキして
次の出番まで
乾燥させておきます。







穂先を整えて
乾燥させておくだけで
次使うときに
とっても便利です。
ブラシエイドは
毛をやわらかく保護してくれる
リンスの効果も
ありますよ。






それから、凸+凹では、スポンジやすりや
スティックやすりの小分け売りをしています。

スポンジやすりは
ペーパーやすりにくらべると高価なものですが
あると便利なもの・・・
お試しサイズでサンプルをお渡ししていますので
一度ご利用くださいませ。

あと、スティックやすりも
リタックスティックなどいろんなやすりも
便利な商品がでていますが
凸+凹では、しっかりめのスチレンボードに
タミヤのフィニッシングペーパーをはった
スティックやすりをつくっています。

幅が大きいものや細いもの
先のとがったもの
時と場合によって
お客様の好きな形状に加工がしやすいのも
いいところですね。

こちらは、¥30から
量や大きさによってかわりますが
販売しています。
こちらも、サンプルをご用意していますので
一度お試しくださいね♪

0 件のコメント:

コメントを投稿