説明

凸+凹(デコとポコ)は、自由にプラモデル・ガレージキットを作れる模型レンタルスペースです!
エアブラシで塗装もできます(*'▽')
初心者の方も大歓迎!わからないことは、どんどんきいてくださいね♪

2020年4月30日木曜日

お手軽おゆまる複製してみました( ^ω^ )

ここのところは移転作業の
ご報告が多かったんですが
塗装ブースのダクトパーツが
届かないので作業がストップして
おりました(;^ω^)
なので、以前なくした
ガレージキットの
三日月・オーガスのブレスレット
パーツを複製してみることに。

ブレスレット
パーツは輪っか状
なんですが
三日月につけるには
切り目をいれて
開いて手首にはめる仕様・・
気づいたら
割れてなくなって
しまいました/(^o^)\


隆さんが同じ
ガレキを所有して
はったので
パーツをお借りして
複製してみました。
ブロックで小さな四角の
スペースをつくり
おゆまるがしっかり
四角内におさまるように
してつかうほうが
歪みがない型が
つくれますよ♪


熱湯にいれた
おゆまるが
ゆるくなったら
水気をさっととり
塊にして
四角の中へぎゅっと
いれます。
柔らかいうちに
パーツを優しく
押し込んで
筆のお尻とかで
ダボをつくって
おきましょう。
あんまり深く作らないで
いいですよ~。
ダボがあると
この後、この上に乗せる
おゆまるとしっかり
かみ合い歪みがない型がつくれます♪

一度冷やして
かたまったところに
もう一度熱湯で
柔らかくした
おゆまるを
優しくぎゅーっと
押し込んで
冷やします( ^ω^ )





固まったら
ブロックを
はずします。
二層のおゆまるが
でてきます(*'ω'*)

2つのおゆまるを
はがすとこの通り。
冷えて固まった
おゆまると
熱湯で緩くなった
おゆまるは
くっつかないので
2面のたいやき型が
できあがります。

んで!
紫外線でかたまる
UVレジンの
ソフトタイプを
つかって
パーツをつくります♪
これで切り目をいれて
腕にはめても
割れにくくなるはず・・
おゆまるを使ったのは
おゆまる自体が透明なので
紫外線を通し、中にいれる
UVレジンが硬化するから
なのです(*'ω'*)ノ

けっこうたっぷりと
レジンを
いれておきました!

かためること
10分ほど・・・
本来は10分も
かからないんですけど
おゆまるが分厚いので
一応ながめに
当てました( ◠‿◠ )

型をひらいてみると
一部レジンが
足りてない/(^o^)\
うまくいけば
いいなー程度で
そのあたりに
さらに追いレジンを
してさらに固めました。

うまく
いったようです
( *´艸`)

透明で
わかりづらいですよね
(;^ω^)
肉眼では
きれいに複製できて
おりました。
バリをとって
塗装をしたら
ブレスレットパーツとして
復活です\(^o^)/
おゆまるは、お手軽に手に
入る半面、
僕の場合はうまく複製が
できないことが
多かったんですよね。
普通のシリコンで型をつくるように
なって、ブロックで囲うのが
当たり前になったころ
おゆまるも囲ってやったら
そこそこ成功するようになりましたw
エポキシパテなどで
複製するのには
あまりむいてないかもです。
けっこうパテが固いので
あまりたくさん型の中に
はさんでやると
反発して型が開いちゃったりして
作るパーツが歪みます(;'∀')
ポリパテや流動性の高い素材なら
うまくいくと思いますよ♪
あとは、パーツからあふれた
レジンなどをのがす道も
つくってあげるといいかと思います。
ブロックをつかっておりますが、
なかったら適当な入れ物とか
プラ板で囲いをつくってあげるとか
そんなのでもOKです(*'ω'*)


おゆまる弱点は、熱に弱いので
レジンキャストで
大きなパーツを
複製すると、硬化熱で
型が歪んで、複製するパーツの
形もおかしくなりますね(;^ω^)
UVレジンも大量にかためたり
中国製のやつとかでくっさいのとかも
発熱がすごいのがあるので
実験してからやるのをおすすめします(;^ω^)

以上、お手軽おゆまる複製でした( ^ω^ )

0 件のコメント:

コメントを投稿